イベントカレンダー

【タイトル】

  • 文学

  • わたしが出会った表現者たちⅢ 通り過ぎる電車のように 安藤紘平

わたしが出会った表現者たちⅢ 通り過ぎる電車のように 安藤紘平
期 日 2020年7月23日 [木]~2020年9月22日 [火]
休 日 2020年7月29日 [水] 2020年8月5日 [水] 2020年8月12日 [水] 
2020年8月19日 [水] 2020年8月26日 [水] 2020年9月2日 [水] 
2020年9月9日 [水] 2020年9月16日 [水] 
会 場 前橋文学館 3階オープンギャラリー
【前橋市千代田町3丁目12-10】
時 間 9時~17時(入館は16時30分まで)
料 金 観覧料 無料

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、事前予約制となっております。
 詳しくは、文学館HPまたはお問い合わせ先よりご連絡ください。
内 容  萩原朔美館長が出会った表現者たちを紹介するシリーズの第三弾として、映像作家の安藤紘平さんを紹介します。安藤さんは寺山修司主宰の演劇実験室・天井桟敷の制作として活躍、"ネクタイの似合うただ一人の劇団員"として劇団初の海外公演の実現に奔走し、海外公演中に寺山修司と折半して中古の16mmカメラを購入したことがきっかけで映像の世界と出会います。
 TBS社員として勤務する傍ら、ハイビジョンに先鞭をつけた製作者として世界的に活躍し、多くの映像作家や俳優等と交流を持ち、繊細で独創的な映像作品の制作で高い評価を受け、現在も映画祭の審査員を務めるなど活躍しています。制作者、技術者、そして表現者としての顔をもつ安藤さんの世界を、映像作品を中心に展示紹介します。
お問合せ先 萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち
前橋文学館
TEL:027-235-8011
FAX:027-235-8512
主 催 前橋文学館
URL https://www.maebashibungakukan.jp/
チラシ 詳細はこちら

▼イベント会場

▼おすすめのイベント

▼イベントカレンダー

※まちなかボタン選択時は全てのカテゴリーが表示されます